15 2月 2014

所得格差社会を生き抜くには0

日本の経済は、世界的な経済の停滞による影響を受け、厳しい雇用環境にあります。いわゆる非正規社員が増え、勤務の安定と賃金体系が変わり、その水準が下がったことです。これにより、低所得の人たちが増え、国内においても所得格差という言葉が生まれ、低賃金で働く人たちは厳しい生活を強いられているようです。

そんな中で、生活費を工面するために消費者金融などに借金をし、毎月にマイナス分を補おうとしていますが、一考に所得が改善せず、更なる借入の増大に陥り、債務超過となり、多くの悩みを抱えている人が増えているようです。このような人たちに対し、専門のプロがサポートするサイトがあります

このウェブサイトは借金と債務整理について相談できるサイトになっています。あなたがお金のことで抱えている悩みを弁護士や司法書士などのプロがあらゆる手段で解決してくれるのです。ですので、ぜひ利用する価値があり、とても強い味方となるのです。

まずは借金に対する悩みの相談、その借金を返済することが不可能となった場合の債務整理の方法などをあなたの立場に立って解決へと導いてくれます。自己破産や、任意整理、個人再生など、相談される方のケースに応じた最善の解決法を見出し、その手続きなどのサポートをしてくれるのです。
「借金の金額が減る」、「借金が0になる」、「今まで支払った返済金の一部が返ってくる」など、あなたにとってプラスのことが発生し、解決へと繋がるのです。悩みがある方はこのサイトへ相談してくださいね。

Read More
29 1月 2014

交通事故の示談内容に不満はありませんか?0

日課である朝の散歩をしていた父が、車にはねられてしまいました。
長い入院のあとも、なんだか前と性格が変わったみたい、散歩に出たら道が分からなくなってしまった、などの障害が出て、高次脳機能障害であると診断されました。

保険会社からはある程度の金額を提示されたのですけれど、私はなんだか納得できません。
だって、障害が出たから、仕事を辞めなくちゃならなくなったんです。
それなのに、治療費程度の慰謝料なんて。

かといってプロと交渉するのも自信がなくて、どうしよう?と友人に相談したら、こちらのサイトを教えてくれました。

xn--o9j102gec457gdmeqoat28s0li.jp「交通事故と慰謝料の悩みを弁護士・司法書士・行政書士が解決!」

そうそう、こんなところを探していたのです。
あちらが保険のプロなのですから、こちらも法律のプロの方に交渉してもらいたいもの。

サイトを見たら、慰謝料の増額ができるんじゃないかと期待が持てました。

交通事故に遭って、私のように困っている人はきっと、大勢いるんと思うんです。
大した怪我じゃなければ、まあいいかな、と先方の提案を受け入れてしまうかもしれませんが、父のように後々の生活に支障が出たり、入院・治療費に多額の費用が掛かった場合には、相応の慰謝料が欲しいと思うものですよね。

こちらのサイトでは、そんな時に頼れる法律事務所を紹介してくれているので、すぐに相談しようと思います。

Read More
16 1月 2014

慰謝料の算出方法0

交通事故を起こしてしまった際に支払われる慰謝料には、算出方法があります。
被害者側から莫大な慰謝料の請求がなされるケースは頻繁にありますが、それが通るケースはまれです。
被害者と加害者の話し合いを円満に進めていくために、交通事故の慰謝料に関しては相場があり、定額化されています。

●自賠責保険の計算基準

自賠責保険は自動車に乗る際に加入が義務付けられている保険になります。
自賠責保険の計算基準は法律で決定されており、損害慰謝料はいかなる場合でも1日4200円となっています。

実治療日数×2と治療期間を比較し、少ない方に4200円をかけたものが慰謝料として支払われます。
また、上限が120万円までと定められています。

●任意保険会社の計算基準

自賠責保険の補償額120万円を超えた分の慰謝料を、任意保険に補償してもらいます。
計算基準は任意保険会社によって定められており、非公開となっています。

●裁判基準

裁判を行った際の基準となる金額になります。
主に示談時にかかわってくるもので弁護士が絡んだものになるため、補償額が一番大きいものとなっています。

過去の判例をもとにした本が発行されており、参考にしてみても良いでしょう。

Read More
16 1月 2014

自賠責保険と任意保険0

車の免許を取った時。
自動車学校で保険についての講習がありますよね。
「自賠責保険」と「任意保険」の2種類について説明があると思います。
しかし、なぜ2種類も保険に加入しなきゃいけないのか?気になったことはありませんか?
講習でもよくわからなかった方のために、詳しく説明しようと思います。

まず一番の理由は慰謝料の限度額があることでしょう。
交通事故を起こした場合、被害者の方に慰謝料を支払う必要があります。
自賠責の場合、1日一律4200円と決まっていて、これに治療期間(入院期間や通院期間など)を加えて支払うことになります。
しかし自賠責には限度額があります。
例えば、総額120万円と決められています。また、相手が死亡した場合でも3000万円までと決められています。
この中で治まればいいですが、交通事故の状況などによっては、これで治まらない場合があります。
(というか、ほとんどの場合は自賠責だけでは賄えません…)

そこで任意保険の出番です。
任意保険の役割とは、自賠責で賄えなかった分の慰謝料を支払うことなのです。
加入中の任意保険の種類によって、金額や状況は様々です。
保険によっては、相手側だけでなく自分がケガをしたり入院したときの保障がある物もありますから、自分のニーズに合った好きなものに加入できるのが魅力ですね。
自分の加入中の任意保険の内容をしっかりと確認しておくことが、万が一交通事故を起こしたときにも慌てず対処ができ、慰謝料の心配も少なくて済みますよ。

Read More
16 1月 2014

債務整理を依頼する弁護士・司法書士とは0

若い女性などがブランド志向に走り、次から次へと高級なハンドバッグや時計などのアクセサリーを買いあさり、最後は借金でどうしようもできなくなり、自己破産という結果に繋がる場合もあるようです。その金額にもよりますが、ほとんどの場合数百万円という金額まで膨れあがり、複数の金融機関から借金をしているケースが多いようです。その手続きはほとんどが弁護士や司法書士に依頼をしているようですが、その弁護士と司法書士の違いって何があるのでしょうか。どちらもやることは同じに見えるのですが、その違いをいくつか紹介してみましょう。

弁護士は訴訟や調停など裁判所などへ提出する書類の作成や申し立てを本人に代わっておこなう代理人になることができます。弁護士は裁判官などと同様司法試験に合格し、一定の司法研修を受け、弁護士会に登録された人になります。弁護士には法律に関する業務の範囲制限が無く、依頼人に代わりその権限を行使できます。

それに対して司法書士は通常は法律に関わる文書の作成などを行います。法律上の申請や手続きを行う債務整理に関しては、弁護士、司法書士ともにやることは変わらないといえるでしょう。ただし、司法書士は請求額が140万円以下のものまでが対象という制限があります。弁護士に関してはその制限がなく、全般的な権限があります。ですので、1社ごとの請求額が140万円以内かどうかで判断できる目安となるようです。費用など詳細な面は無料相談会などが開催されているので、まずはそちらを受けられることをおすすめします。

Read More